コーチのバッグ

リペア

コーチのバッグが壊れたらコーチストアへ行けばリペアしてもらうことができます。
しかしなんでも修理できるわけではありません。
リペアが可能なパーツの代表的な例を紹介します。
リペアをコーチストアが行うときには、可能な限り純正部品を使って修理をします。
しかし純正部品の入手がどうしても困難な場合には、代用部品を使って修理することもあります。
リペアをするときにかかる金額については、事前に見積もりという形でお知らせすることが可能です。
リペアを依頼した後に、金額が高すぎてキャンセルというわけにはいきません。
事前に金額を見積もりして了承した上でリペアの依頼をするようにしてください。
なお、販売終了してから一定期間が経った製品については、製品の状態や構造上の問題や素材の問題などによって修理を受けることができないこともあります。
一般的にリペアが可能な部分としては、ボタンフックなどの「ハードウェア」、バッグの取っ手部分にあたる「ハンドル」、ショルダーバッグなどに多い「ストラップ」、「トリム」などがあります。
リペアをするときの流れは、バッグをお近くのコーチストアへ持参するかカスタマーサービスへ連絡をしてください。
一度バッグをお預かりしてリペア可否の判断、料金の見積もりをします。
見積もり金額をお客様へ連絡をして了承が得られれば修理をします。
修理が完了したらお手元へバッグをお返しします。
コーチカスタマーサービスは、0122-556-915です。
月曜日から土曜日までの午前10時から午後8時まで営業しています。

«  リペア 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi