コーチのバッグ

長持ちの方法

せっかく気にいって手にしたコーチのバッグ。
さらにコーチの場合革製品なので、使い込むほど良い味を出してきます。
コーチのバッグを少しでも長く使い続けるために、長持ちさせる方法を紹介します。
日頃からお手入れをあまりしないで、雑に扱っているとただの古いバッグとなってしまいます。
次のような点に気をつけて扱うようにしてください。
コーチのバッグが汚れたり傷んだりする原因の大部分は、雨やほこりなどによるものです。
バッグのハンドル部分やベルト、チェーンなどには手あかがついたり、汗で錆びが出たり変色したりすることがあります。
レザーバッグの場合には、日焼けで変色したり色褪せしたりします。
バッグは湿度にもかなり影響を受けます。
これらからバッグを守るための対策は、雨の日に外で使うのをできる限り避けること。
風通しのいい場所で保管すること、あるいは保存袋に乾燥剤を入れて一緒に保管すること。
定期的に陰干しをすることなどがあります。
雨の日に絶対コーチのバッグを使わないというのは、外出してから途中で降ってくる雨もあるため難しいかもしれません。
そこでバッグにレインカバーをかけたりワックスをしたりしておく方がいいと思います。
あるいは防水スプレーをかけておくと効果的だと思います。
レザー以外にもナイロン、布地のバッグにも対応できて汚れがつきにくくなります。
お手入れをこまめにして、防水スプレーをその都度かけておくこと、これをしておけばコーチのバッグは長持ちさせることができます。

«  長持ちの方法 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi