コーチのバッグ

お手入れ方法その2

続いてはコーチのナイロンバッグや布製バッグのお手入れ方法について説明します。
ブラシなどを使ってバッグ全体のほこりやおおまかな汚れを落とします。
その後中性洗剤を水で薄めたものを布などにしみ込ませて汚れた部分をきれいにしていきます。
キャンバス地のバッグは、シミやムラができてしまわないように全体的に拭いて汚れを落としていきます。
ナイロン素材のバッグは、洗濯用洗剤を40℃くらいのお湯に少量溶いて、漬け込んでから押し洗いするといいと思います。
その後短時間のうちにお湯でよく濯いでください。
仕上げとして防水スプレーをかけておくといいと思います。
コーチやその他のブランド品すべてに言えることですが、長く使い続けていれば当然バッグが壊れることもあると思います。
コーチのバッグは全てが職人の手作業で作られているので、製作したときの個体差や使う人の個人差などによってバッグの寿命が変わります。
コーチでは徹底してアフターサービスを充実させています。
顧客が満足するように十分な対応をしています。
コーチでは購入して1ヶ月のバッグだとしても10年経ったバッグだとしても同レベルのアフターサービスを行っています。
ただしブランド品なので、修理にはコストが多少かかることを覚悟しておいてください。
修理代が高すぎるという人は、一般のカバン屋さんでも修理を頼むことができます。
しかし一度でもコーチ以外で修理をしてしまうと、その後コーチによるアフターサービスを受けることができなくなる可能性もあるため気をつけてください。

«  お手入れ方法その2 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi