コーチのバッグ

お手入れ方法

バッグのお手入れ方法について説明します。
コーチのレザーバッグの場合、まずブラシなどを使ってバッグ全体のほこりやごみを落としてください。
そして革専用のクリーナーを乾いた布につけて、力を入れすぎないようにしてやさしく円を描きながら拭きます。
部分的に拭くのではなくムラにならないように全体的に拭いてください。
仕上げとして防水スプレーをかけると、バッグを汚れから守ってくれます。
レザーバッグの場合には、コーチストアへ持っていけば無料でクリーニングをしてもらうことができるため、利用するといいと思います。
スウェードのバッグの場合、購入したときに付いていたブラシを使い、掃くようにして拭いてください。
スウェードの中には「STAG」という雄鹿の皮を使ってできている素材があります。
一般的にスウェードは雨に弱いといったイメージがあります。
しかしSTAGに関しては水に強い素材となっています。
しかし現在日本で使っているスウェードのほとんどがバックスキンという牛皮を裏から起毛しているものなので雨に対する強さは表皮とあまり変わりません。
スウェードのバッグを雨の日に使うことはあまりおすすめできませんが、きちんとお手入れをしていればあまり問題はないと思います。
スウェードバッグ用のブラシは他のバッグと共有しないようにブラシを別にしておいた方がいいと思います。
スウェードバッグのお手入れは、まず汚れを消しゴムなどで擦り落とします。
ブラシで逆毛方向へブラッシングをしたら、少量ずつ何回かに分けて防水スプレーをかけます。
よく乾かした後にもう一度ブラッシングしておくと、汚れがつきにくくてたとえ汚れたとしても消しゴムで簡単に落とすことができます。

«  お手入れ方法  »

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi