コーチのバッグ

偽物

人気があるブランドだから故にコーチの偽物商品も多く出回っています。
シグネチャーの偽物の見分け方については先ほど少し述べた通りですが、その他の見分け方についてもポイントを紹介したいと思います。
「縫い目」をチェックします。
一般的にコーチの本物の製品の場合、縫い目は一定になっていてきれいに縫いこまれています。
しかししっかりと揃っているものもありますが、中には多少ずれているものもあります。
これは正規品でもアウトレット品でも言えることです。
そのため縫い目だけで完全に偽物と決めつけるわけにはいきませんが、あまりに雑な縫い目は偽物だと疑うことができます。
「マグネットボタン」をチェックします。
バッグや財布についているマグネットボタンに「COACH」とか「ROMAG」とか「COMAG」といった刻印が付いています。
正規品の場合、閉じた時ボタンがカチッと閉まります。
もしもマグネットに他の会社の刻印が付いていたら偽物だと疑った方がいいと思います。
「生産国」をチェックします。
現在流通しているコーチ製品のほとんどは中国で生産されたものです。
そのため一昔前のように「Made In China」とあっても偽物だとは言えません。
コーチを生産している工場は世界に50カ国以上あるそうです。
現在は一部の商品を除けばほとんどが中国で生産されています。
コーチの本国であるアメリカ製以外にも中国、スペイン、インドなどに工場があります。
生産国だけで商品の真偽を判断することはできないのです。
「レザープレート」をチェックします。
コーチのバッグには商品番号を書いたレザープレートが必ず付いています。
これを見れば正規店のバッグやアウトレットのバッグが区別できます。
小さいバッグやポーチなどには付いていないものもあります。
ネット通販などでコーチのバッグを買うとき、心配ならばお店に頼んで商品と一緒に買い付け時のレシートを送ってもらうといいと思います。
原本が無理ならばコピーして送ってもらうといいです。
正規店で買い付けしたものかアウトレットでしたものかレシートで判断できると思います。

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi